日本の同性愛マガジンのパイオニア『薔薇族』の公式サイトへようこそ。

東京脱出バナー

俺は「人見知り」にかけては人後に落ちない自信があったのですが、最近その自信がちょっと揺らいできました。
人見知りを引き起こすのは、主に「よく知らない相手への苦手意識」と「自分への『パーフェクトな応対』の要求」の2つですが、これがどちらも薄れてきたのです。

それはつまり、物事を「テキトーに流せる」ようになった、ということ。
他人とガチンコで向き合うことをやめれば「よく知らない相手への苦手意識」なんて持つことはありません。
そんなにキチンとやろうと思わなければ「自分への『パーフェクトな応対』の要求」だってしないで済む。
こうなればもう怖いものはありません。
どんな相手を前にしても「シンドイな苦しいな弱ったなマズイな早く終わらないかなこの時間」とか思わないで済むのです。

この変化を「けしからん!」と否定する方もおられましょうが、それはまぁ俺の勝手ですから。
というか、目の前の男にあからさまに「人見知ってます」みたいな表情をされるより、たとえウソでも楽しそうな様子を見せられてるほうが良くない?
俺だったら「いいス」と答えるス。

「付き合い上手」は「流し上手」というのは、たぶん世間一般で密かに共有されているノウハウなのだと思います。
人見知りな人というのはそこに気が付かないから、誰かと初対面するたびにガクガクブルブルしてしまう。
俺はようやくそこに気付いたので、これからはたぶん薔薇色の人生が待っていることでしょう。
薔薇色まではいかなくとも、これまでよりはいくらかマシな色になるとは思います。

425表紙モノクロ

『薔薇族』最新号(No.425)2017年10月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)425号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら

Copyright © 薔薇族.jp All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.