果たして民泊は

日本の観光立国化の奥の手として注目を集めている「民泊」。その推進派の意見を聞くと、今ひとつトラブル対策が弱い気がします。ホテルや旅館のような「プロの管理する場」であっても問題が起こるわけですから、プロ的なノウハウのない人間が手を出して「何も起きない」と考える方がどうかしていると思うのです。

国や自治体が民泊を本気で進めようと思うのなら、まずは「想定できる限りのトラブル」を書き出して、対処マニュアルを作る必要があるでしょうね。ひょっとしたらものすごく分厚いものになってしまい、「民」の人の手に負えないものになってしまうかも知れないけど。

個人的には、「民泊利用が可能な空き住居」の所有者がプロに委託し、管理を任せるのが一番だと思うんですが、サテこの先どうなりますか。いずれにしても「ヤミ民泊」が横行するようなオッカナイ事態だけは防ぐべきですね。