編集長の嬉しいこと

現在の「活動」(恥ずかしながら、ずっと赤字なので「ビジネス」とは云いがたい)をやっていて嬉しいのは、当然ながら「『薔薇族』の通販オーダーが入ったとき」である。さらに僕を喜ばせてくれるのは「最新号の購入直後に再オーダーしてくれる人」だ。それは「お試しで読んでみて『面白い』と感じてくれた」からであり、僕らの「活動」を面白がってくれている(必ずしも「賛同」とは限らないが、たとえ「否定的」「懐疑的」であろうと、「なんらかの関心を抱いてくれている」ことは喜ばしいことである)証となる。

「出版不況」の、「雑誌低迷」のと云われだして久しいが、そこで戦々恐々としているのは基本的に高給取り社員を多数かかえる「大手版元」であると思う。そういうところでは出版が「巨大ビジネス」となってしまっていて、雑誌メディアのパワーがちょっと落ち込むことでもかなりの損失が出てしまう。僕らのような「チビ雑誌」は、その部分では強い。大手の屋台骨を支えている「広告収入」なんかはハナか入ってこないし、期待もしていないのである。要するに、大手が出す雑誌とは「ゼロ」の数が2~3個違っていても、僕らは存続できるのだ。直販読者がもしも数百人いれば、もうそれだけで雑誌は出し続けていけるわけなのである。

逆にいえば、「出版不況ウンヌンとは関係なく、チビ雑誌はさほど儲からない」とも云える。大手マガジンは基本的に「ポピュリズム連動」なので、うまく時流に乗る(=大衆を「あの雑誌を読まないとダメだよ」的な集団ヒステリー状態に陥らせる)ことができれば「一攫千金」も夢ではないのだ。けれどもチビ雑誌はたいていが「反ポピュリズム志向」で、「たとえ世間が何に傾こうと、俺には揺るがぬ信念があるぜ!」的なスタンスなので、間違っても「それを読むことが最新トレンド!」みたいなことにはならないのだ。

そんなワケで一長一短なチビ雑誌体制であるが、僕はそれでイイと思っているのだ。べつに贅沢したいとも別に思わないし、物欲というのが年々歳々削ぎ落ちてきているので。「最低限、食ってはいける」程度の生活を送りながら「様々なモノ作りをしていく」ことができればそれで十分なのである。そんな「理想」を叶えていけるよう、頑張って『薔薇族』の直販読者を増やしていきたいと思う。日々身を削ってアレコレ頑張ってますンで、まァ一度ご購読なさってみてくださいませ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新409号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから