謎なのは「コンビニの改装」

街を歩いていると、工事をしているコンビニをたま~に見かける。「おや、閉店か?」と思って見てみると、どうやら「改装工事」であるという。そして半月くらい経ってまた通りかかると工事が終わって営業再開しているのだが、中を見てみると、以前とドコがどう変わっているのか、僕みたいなシロートの肉眼では判り兼ねるのだ。

これが「ローソンがファミマになる」とかいうような改装ならば話も判るのだが、「サンクスが、ドコが変わったか判らないようなサンクスに変わる」というのは一体どういうことか? それをやって誰がどんな得をするのか? 現代社会のシステムは複雑に入り組んでいるが、そこには何か僕の理解の範ちゅうを超えた、何か深遠なものがあるのかも知れない。・・・違うか。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新409号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら