テレビはウソつき、ネットは正直?

デヴィ夫人がバラエティ番組の収録中に一般女性に暴力をふるったの、ふるわないのといったニュースで新年早々かまびすしいが、「その背景には、夫人をわざと怒らせようとけしかけた、番組制作者の意図(限りなくヤラセに近い状況?)があった」との声も報じられている。

バラエティ番組の「目先のウケばかり狙う体質」には僕もヘキエキとさせられることがあるので、まァ「演出過剰的なものがあったのかな」という気もしないではない。同じヤラセでも「誰がどう見てもウソ八百」というくらいまでのデタラメだったら、それはそれで面白いと思うのだが、中途半端なヤラセは不要な誤解やいさかいを産むので感心しませんナ。

こうした騒動が起こると、「やっぱりテレビはウソばっかりだ。今や信頼に値するのはネットのみだな」と反射的に思ってしまう人間がいるが、それもそれで短絡的である。企画、制作、出演、配信などを全て1人でやる(=自分自身でメリットも得るしリスクもかぶる)のならば話は違うが、「誰か面白そうなヤツを呼んできて出させる」というスタイルであれば、それはつまり「従来型のテレビと大差ない」のである。

口幅ったい云い方になるが、結局は「テレビであれ、ネットであれ、メディアというのは『真贋を見極めてやろうぞ!』という気概を持たなければダマされる」のである。「気概を持っていたってダマされることが少なくない」のだから、持っていなければひとたまりもないだろう。

「真贋を見極めてやろうぞ!」という思いを抱くべきは、べつにメディア視聴者・聴取者・読者ばかりではない。映像(音声)メディアならば「出演者」、文字メディアならば「寄稿者」も同様なのである。「出て(書いて)ください」と云われるまま、よく考えずに応じたりすると、悪質なヤラセ行為のカモにされて、ヘンな事件の加害者になっちゃうこともあるンだから。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新410号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら