18年ぶりの体験

先日、ホンットに久ッしぶりに「カラオケ」というヤツに行ってきた。果たしていつぐらいぶりなんだろうかと考えてみたら、最後に行ったのは確か会社の送別会のときで、1996年なのであった。ゲッ! そのとき生まれた子がもう高校3年生じゃん!

その後、働き過ぎで体(気管支まわり)を壊してしまったせいで「歌う」ということ行為ができにくくなってしまい、以降、カラオケからは遠ざかっていたのだけれど・・・いざ現場に行くと、それなりに何曲も歌ってしまうところが人の不思議というものである。やっぱり根がキライではないのだネ。

ちなみに、何をどれだけ歌ったかはヒミツです。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新410号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら