あらゆる事物を自分にとって・・・

受験生やその関係者は昔から様々な「ゲン担ぎ」をするものだが、中でも人気の高いのがチョコレート菓子の「キットカット」である。「きっと勝つと」の語呂合わせだそうだが、「あらゆる事物を自分にとって有利なものとして受取る」ことをモットーとしている僕としては、「たかだかチョコ程度で気分がアガるなら安いモンだ」と思うので、どんどんやればイイと思うのである。

しかしまァ、世の中には「あらゆる事物を自分にとって不利なものとして受取る」人もいるので、中にはそれを「凶兆」として忌み嫌う人もいるかと思う。「きっとカット(される)」とか、負の語呂合わせをしたりして。前者と後者、どっちが得かは一概には云えないことであるが、どーせならアガるほうがいいンじゃないかと僕は思うのであるけれどもネ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新410号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら