スゴそうでスゴくないこと

世の中には「パッと見はスゴそうだが、実際は全然スゴくないもの」というのがあまたある。その好例が、作詞/阿木燿子、作曲/筒美京平、歌/ジュディ・オングによる名曲『魅せられて』の歌詞内の英語部分である。

「wind is blowing from the Aegean」というソレは、ジュディ御大の女神風衣装のインパクトのせいもあってか、何やら「この世の真理を説いているアリガタイお言葉」かのように思えてくるが、その実はただ単に「エーゲ海から風が吹いている」と云っているだけなのだ。

初めてその意味を知ったときには全身脱力感に包まれると同時に「あ~人間って、やっぱハッタリに弱いものなのネン」と改めて思ってしまったねェ。類似のケースは世間に山積してるンで、皆さんもお気を付けなはれや!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新411号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら