俳優のナレーション

ナレーターの仕事を積極的に行なう俳優サンがいるが、それには2種類ある。ひとつは「エンドロールでナレーター名を見るまで誰がやっていたのか判らない」パターンで、もうひとつは「ナレーター名を見るまでもなく『あっ、あの人だ』とハッキリ判る」パターンである。

後者の代表格と云えば、やっぱり『ガイアの夜明け』を亡くなる直前まで担当されていた蟹江敬三氏だろうなァ。蟹江氏のナレーションでないと「ガイアを観た」という感じがいまだにしない。一言一言がこちらの胸に突き刺さってくるような名調子であるのはもちろんだが、画に匹敵するくらいの迫力で「ナレーションブースにいる蟹江氏の姿」が浮かび上がってくるのだ。

テレビ番組にとって、「ナレーターの姿が顕在化しすぎる」ことが良いことかは疑問だが、しかし蟹江氏の場合は「特例」として、それが許される気がするのである。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新412号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら