カッチリした「ゆるキャラ」

「ゆるキャラ」というコトバが最近はかなり一般語化というか一人歩きしている感があって、もはや「キャラクター着ぐるみ」とイコールみたいな用いられ方をしている。けれども本来は「カッチリとキメてるつもりの制作者側の意図に反して、第三者から見ると隙だらけのユルユル状態」みたいなキャラクターのことを指しているわけであって、たとえば「平成初期に出没した某新興宗教(当時)のマスコット」みたいなものをさしているはずなのだ。

ゆえに、大手代理店とかが間に入り、「コンセプトからデザインから造形から全てにおいてカッチリしている」ようなキャラクターは、どっからどー見ても「ゆるキャラ」ではない。「アタシってェ、みんなから『変わってるネ』って云われるのォ~」とか自分で云ってまわってる女の子に「変わってる娘」がいないのと同じようにネ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新413号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら