権利主張は大切だが

「権利意識を持て」という言説が一般に広まりつつある昨今の日本。これまでは泣き寝入りする一方だった人たちが立ち上がり、不当な圧力に抵抗したりすることは良いコトだと思う。

とはいえ「権利」というのは100%を要求してしまっては上手くない。必ず「いくぶんかは譲歩する姿勢」を見せないと、「相手方も意地になって物別れに終わる」ような場合が多いのである。ことによったら最悪のケースに発展することだってあり得る。

それは隣人トラブルでも国際問題でも変わらない。もしも国家間で「双方が100%の権利を主張し、一歩も譲らない」ようなことになったら、その行き着く先は「戦争」しかないのだ。

個人的には「6~7割の要求が通れば御の字」と考えている。そのくらいの鷹揚さを持ちながら交渉すれば、成功することは結構あるのだヨ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新413号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら