投票の基準

前にも書いたかと思うが、統一地方選を前にしてのアドバイスをひとつ。

「どこに入れていいか判らない。判らないから選挙に行かない」というのではあまりにもモッタイナイというものだ。そーゆー人は、とりあえず「いま一番アタマにくる議員、もしくは政党」の真逆のスタンスにいる候補者に入れればいい。

ぼくにしても「積極的に入れたい」と思う候補者も政党もない。が、嫌いなヤツは山ほどいるから、「そいつにとって最も邪魔になりそうな人間」に入れることにしている。ムカつく相手の前進をはばむための「マキビシ」をばらまくような感覚であるわけだネ。

今回入れた相手がもしも将来的に「アタマにくる議員」になったら、そのときは「投票した者の責任」として引きずりおろす必要がある。けれどもいったん権力を握ると、腐り果ててもなかなか失脚させにくくなる。こーゆートコが「政治」というものへの不信感や嫌悪感を高める一端なわけで、「だから投票なんてしねーよ」と云いたくなる気持ちも判らないではないが、しかしせっかくの「権利」を放棄するのはやはりモッタイナイ。

様々なジレンマを抱えながらも、やっぱりぼくは投票に行きますゼ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新414号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら