金という肥料

「金」というのは人にとっての「肥料」であるから、「まったく無い」となると枯れてしまうが、だからといって「やりすぎる」と根腐りしてしまう。ちゅーことで「適正な量を与える」ことが重要なわけだが、いったいどのくらいが「適量」なのか、判断するのが難しい。1億持ってても平常心な人もいるかと思うと、50万程度で狂ってしまうヤツもいるので。

毎回、選挙が近づくたびに、ぼくの中でこの疑問が浮上する。「衣食住に困らず、かつ不当な蓄財をさせないような歳費や報酬はいくらなのか?」。このあたりは、誰か「しがらみのない識者」とかを集めていっぺん議論してほしいトコだなァ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新414号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら