そんなの好きずきでしょ

ダイエットというかシェイプアップというか、とにかくそーゆートレーニングで最近流行ってるジムがあるじゃないですか。そこのテレビCMではトレーニングを受ける人間の「ビフォー&アフター」を見せつけながら、なかば脅迫的というか洗脳的な感じで「肉体を引き締めることこそが至上の喜びなのだ!」というメッセージを我々にぶつけてくる。

ただ、「引き締めボディ」と「ぽっちゃりボディ」のどっちがイイか、なんてのは好きずきの問題なので、そこに「固定の価値観」を持ち込んでくることにはいささか・・・いや、かなりの違和感をおぼえる。ぼくの主観で云うなら、あのCMのモデルの中には「トレーニングをする前」のほうが魅力的に感じる人間が少なからずいるのだ。そのモデルを見るにつけ、ぼくは「勿体ないなァ~」と感じてしまう。まァ、「好きずき」なんてのはこんなモンですワ。

「内臓脂肪」は付けてはマズイものだが、「皮下脂肪」というのはある程度付いていないと健康(生命)維持のさまたげとなってしまう。「大多数の価値観」に惑わされ、大切なものを捨ててしまうよーなことだけは、くれぐれもしないでくださいませネ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新414号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら