横並びは友情に非ず

「抜け駆けする」ということに関して過剰に拒否感を示す人間がいるが、そーゆータイプとは早めに縁切りしといたほうが世のため人のため自分のためである。

「仲間同士なんだから抜け駆けはせず、いつまでも横並び状態でい続けるのが友情なのだ」みたいなことは一見「イイ話」みたいだが、実際は「コワイ話」だ。そのテの「仲良しコミュニティ」内にいる限り「進歩」なんかは望めないし、むしろ「沈み込んでいく一方」である。

仲間の誰かが抜け駆けをして一歩先んじたら、あなたも抜け駆けし返したらイイのだ。それをさらに抜け駆けする奴がいたら、またリキ入れて抜け駆けパート2をする・・・といった具合にやっていけば、「気が付いたら仲間全員がかなり前に進んでいた」ということになるのである。

友情とは「仲間が上に行くことを喜べる感情」のことである。たとえ内心ではジェラシーをたぎらせていたとしても、表面上は「良かったネ」と云ってやれる位の器量は持ちたいモンだ。「みんな一緒に努力をしない」なんて関係性の中に友情など存在するワケがないス。

大幅に遅れてスイマセン! 『薔薇族』415号、ようやく通信販売を開始しました~。また、個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら