アニメや漫画の原作モノは

ドラマ界・映画界は相変わらず「マンガ・アニメの原作モノ」が多い。そのこと自体は「良いとも悪いとも思わない」し、過去の作品群を観ても「良いものもあったし悪いものもあった」としか云えないのである。

ただ、確実にひとつだけ云えるのは「原作への敬意を持たない監督の作ったものはツマラナイ」ということだ。敬意を持つ人間は「作品のキモ」の部分を理解しているから、実写用にアレンジした場合でも「押さえるべき部分をちゃんと押さえている」のである。

その逆で、敬意もなければ畏怖もないヤツの撮ったものは観られたモンじゃない。その手の輩は「俺はアタマがいい」と思い込んでいるから、オリジナル版スタッフの意図なんかお構いなしで「俺サマ流アレンジ」というのを随所に加えてきて、結果、「ただ原作をズタボロにするだけで終わる」のである。

とはいえ、「まだ現物を観てもいないうちからディスる」というのはいかがなものか、と思う。ひとこと云いたくなる気持ちも判らないではないが、とりあえず気持ちをグッと呑み込んで、まずはいっぺん鑑賞してみよう。その結果、「箸にも棒にもかからないクソ駄作」だと思ったら、そンときゃ容赦なく悪口云いまくれ!

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら