四権分立

権力がひとつの機関に集中しないよう、司法(裁判所)・立法(国会)・行政(内閣)を分けて立たせるのが、すなわち「三権分立」である。しかし最近の状況をかんがみるに、そこにもうひとつ「報道(メディア)」も加えて「不可侵の存在」とするべきじゃないだろうかネ?

報道も大きな権力機関だが、なにかと立法府の横やりを受けやすい。あからさまな圧力を受けているのに「受けてないスよ」と長州小力のネタみたいなことを云い、やるべきことをやらないメディアでは存在する価値がない。もっと各社が云いたいことを云い、伝えるべきことをガンガン伝えていかないことには、視聴者(国民)に対して問題定義すらもできないじゃないか。そんなことを、ふぬけたニュース番組をみながらふと思うのでありました。

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら