軍部の暴走?

安保法案の可決に対し、反対の声が高まっているのは既報の通りである。しかし、「安保反対に反対する声」も当然あって、それもそれで尊重すべきだろう。とはいえ、反対に反対する理由が「戦前は軍部が暴走して戦争になったが、現代の日本に軍隊はないし、政治家がきちんとコントロールしているんだから心配する必要はない」というのはいかがなものか。

戦争の責任を「軍部の暴走」に限定するのは、軍部以外を正当化するための「意図的な思考停止」にすぎない。ボクは、戦争に流れ込んだ理由は「全国民の迷走」だと思っているので、あらゆる層の動きを牽制するようにしている。迷走を防ぐ手だては「国民ひとりひとりが明確な将来ビジョンをもつこと」だと思うので、安保に賛成だろうが反対だろうが、「集団の論理」に流されず、「自分の皮膚感覚」を大事にしてほしいのです。

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら