安倍主主義

昨今の与党のゴリ押しのベースとなっているのは、「民主主義とは多数決主義である。その多数決で選出されたのが議員であり、その議員が選んだのが首相なのだから、首相の見解は民意の反映なのだ」みたいな論法なのだろうか。もしそうなら「風が吹けば桶屋が・・・」を上回るような話だねえ。

「民主主義=多数決」と思っている人がよくいる。しかし権力者は「挙手権をもった人間を買収することが可能」なわけだから、「多数決=独裁主義」という見方もできるわけです。また、思考停止している大衆は、ものごとの本質を考えることなく「発作的」あるいは「惰性的」な行動をとりやすい。議員の後援会なんかはまさに後者の産物というかんじであり、キチンと考えれば絶対に通らないようなヤツが惰性で当選したりしているのだわ。

いまの政局は「民主主義」でなく「安倍主主義」とでも呼ぶべき状況なわけですが、それを招いたのは有権者の側にも問題がある。つぎの選挙でもやっぱり惰性で自民が巨大与党になっちゃうようなら、日本の有権者は末期的状況とか言われちゃいますよ。

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら