殿下の宝刀

英国王室のフィリップ殿下の毒舌というか暴言が、このところ日本のテレビでよく取り上げられている。オーストラリアを訪問した際、コアラを撫でてほしいと頼まれた際に「イヤだ。ひどい病気にかかるかもしれないじゃないか」と断ったとかね。

しかし英国の人々は、フィリップ殿下のこうした発言を、むしろ楽しんでいるそうな。「いよっ、待ってました!」てな感じでね。伝家の宝刀ならぬ「殿下の宝刀」である。

すぐに炎上しがちな日本ではなかなか真似できないことだが、じつはわが国にもかつてはこうした人物がいた。「横山やすし」である。上野動物園にパンダが来たときの「パンダ~? なんやそれ。食うたら美味いんか?」とか、やっさん語録は昭和期の日本人をおおいに楽しませてくれましたとさ。

ただ、やっさんの場合は欧米式の価値観の伝播にともない、じょじょに居場所を失っていった。やがて「コンプライアンス」というものにつぶされてしまったわけだが、フィリップ殿下のほうはどこまでこの路線をつらぬけるのだろう。個人的には、この手のユーモアが存在しえない世の中はツマラナイと思うんだけどね。

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら