一六銀行

一六銀行、それは「質屋」の別名であります。一と六を足して「七」、それに引っかけた庶民のダジャレですな。ボクは消費者金融を使ったことはないけど、質屋はけっこう使ってました。ボクの通ってた店のオヤジさんはなかなかの人情家で、いま考えれば二束三文の質草で1万円くらい貸してくれて、ホント助かりました。

なんだろうなぁ。いまより不便なことが多く、コスパという点ではイマイチどころじゃなかった昭和期だけど、だからこその安堵感みたいなものがすごくあった気がするのです。おかげさまで最近では生活費に困るようなことはなくなったけど、もしまた困ったら、やっぱり一六銀行に行こうと思ってます。

個人情報提示ナシでお得な価格の電子書籍版(PDFダウンロード版)『薔薇族』も今号より販売開始! http://www.dlmarket.jp/products/detail/308999 シャイな方はこちらをどーぞ!

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください

『薔薇族』最新415号発売中
お求めはこちらから

個人情報提示ナシで割安価格の電子書籍版(PDF形式)も販売開始!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら