妥当だとは思うけれども

スマホやLINEによって小中高生の対人センスが狂ってしまう(=スマホやLINEにユーザーが支配される、依存状態になる)問題の解決法として、「自治体ルールとして使用を制限する」というものに脚光が当てられている。

各家庭単位で使用制限をしたのでは、そこから仲間ハズレやイジメが発生する恐れもあるので、学校単位、自治体単位での措置が妥当なのではないかと思う。とはいえ、本来ならば親の管轄である「しつけ」の領域に、親が手を出せない状態になっているというのは、なんとも不思議な話である。

ネットもSNSも無かった時代に帰ることはもはや不可能だろうが、子どもをめぐる環境が今ほどややこしくなかった時代に、いくらかでも戻せないモンかなぁ、と思う。無理なことは百も承知してるんだけどね。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新416号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)416号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください