あなたはどっち?

30代になったあたりから、近しい人間が若死にするケースにいくつも接してきた。そして、「人はたやすくは死なないが、いざ死ぬ時はあっけない」といった結論に達したのである。それは、「寿命のあるヤツは殺しても死なないが、寿命がなければ若くても死ぬ」と言い換えてもよい。「俺は大丈夫。まだ若いし、健康だし」とか自惚れていると、明日あたりコロッと逝くかもしんないよ。

人間が「死」に関してとる行動は大きく二分される。「できるだけ死なないように気を付ける」と「いつ死んでも悔やまないよう、今をできるだけワガママに生きとく」だ。ボクはずっと後者であり、それはこれからも変わらないつもりである。ところで、あなたはどっちですか?

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)ただいま予約受付中!

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新416号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)416号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください