体罰とイジメ

学校でイジメ被害に遭っていた子どもの声を聞くと「教師がアテにならない」というのが多い。「何もしてくれない」なんてのは教師としての資質を疑う話だが、「教師が注意しても効果がなかった」というケースの場合は、昨今の体罰禁止論議というものが関わってくる気がする。

近頃は正座させる、廊下に立たせるといったものまで「体罰」というくくりになっているそうだが、そうなると「注意」というのはどんなもののことを指すのだろうかね? もしも「いけませんよと言うだけ」だとするなら、ずいぶんとまた性善説に寄り掛かった話ですなぁ。

現時点では、悪質なイジメが横行した場合、「被害者のほうが耐え切れなくなって学校を出る」という形での幕引きが多いようだが、それも合点のいかない話だ。フツーに考えれば逆でしょ。この理不尽なやり方が主流化しているのはなぜだろう? 加害者側を排除することが「体罰」と考えられるから、みたいな理由だったとしたら、本末転倒もいいトコですな。

人間同士が関わる場合、一定レベルの「暴力的軋轢」が生じるのはやむをえないことであると思う。問題はそのパワーを分散することだ。「口頭注意」以上のことを教師が禁じられている状況下で野卑な力は「イジメる側」から「イジメられる側」にのみ注がれる。これではイジメられる側がたまったもんじゃないよね。

別に「体罰を解禁せよ」とか言うつもりはないが、なにか教育基本法に抵触しないレベルでイジメをやめない人間を「拘束」し、「それなりのダメージを与える」ことのできる方策はないだろうか。いくらか野蛮であっても、それなりの威力を持った手を使わなければ、現状はいつまで経っても変わらない気がするんだけど。まぁ、そもそもは「親が親としての役割を果たせなくなっている状況」というのが現況ではあるだろうけど。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)ただいま予約受付中!

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新416号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)416号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください