口裂け女の速度

70年代末期に日本を席巻した都市伝説「口裂け女」。ネットをあたると、『週刊朝日』1979年6月29日号からの引用で「発信源は岐阜県加茂郡八百津町。1978年12月始めに噂が生まれ、その後、西日本を中心に伝播し、マスコミが取り上げたこともあって翌年5~6月には全国規模に至った」という記述が見られた。どの位流行ったかといえば、スーパー戦隊シリーズ第3弾『バトルフィーバーJ』に「口裂け怪人」というのが登場したほどであった。

インターネットもSNSもなかった当時なので全国区のオバケになるまで半年を要したが、今ならあっという間に情報が伝播するだろうね。良いことも悪いことも、健全なこともイカガワシイことも電光石火の早業で伝わってしまうこの時代、それは「100mを3秒で走る」という口裂け女よりも早いのである。

余談であるが、「口裂け女の噂は、CIAが群集心理を利用した情報伝達速度を測るテストとして意図的に流された」という説もあるそーな。なんちゅうか、噂ってのは何であっても怪しいもんですなぁ。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)ただいま予約受付中!

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新416号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)416号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください