替えのきく自分はイヤですか?

「唯一無二の自分」という響きは心地良いものですが、そんな人はたぶん存在しません。手塚治虫がいなくなっても漫画界は健在だし、美空ひばりの没後もやはり歌謡界は在り続ける(どちらもマーケットは縮小してますが)。それは本来は「良い事」なんですね。「自分がいなくなったら自分の所属する業界も消えてしまう」なんてことになったら責任感じて、おちおち死ぬこともできやしないでしょ?

しかし、世間には「自分は唯一無二の存在でなきゃ嫌だ!」と考える人が結構いる。それは病的な自我肥大の結果なのか、世間というのを全然知らないがゆえの妄想なのか・・・いずれにしても健全な発想の持ち主とは思えない感じです。そういった妄執はたいていの場合「人を不幸にする」ので、早めに祓(はら)っといたほうが無難ですぜ。

予約受付中の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売まであと18日!

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新416号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)416号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください