昭和期のロリキャラは

最近、昭和期アニメのDVDとかをよく観てるんですが、しみじみ感じるのは「当時の女性キャラは総じて大人っぽかったなぁ」ということです。当時は「ロリコンブーム」なんていうのがあって、そっち系のキャラが量産されていたんだけど、それだって今の感覚で言えば「お姉さん」だったりします。だから「フツーのハイティーンキャラ」だったら、もう「熟女」に見えるんじゃないでしょーか。

「昭和期のものを今見返してビックリした」といえば、「新聞や文庫本の活字サイズ」です。中学高校時代は全然平気で読んでいたわけですが、現在の自分の目だとま~読めない読めない。「季節の変わり目を貴方の心で知るなんて」という流行歌がありましたが、ボクの場合は「視力の変わり目を活字のサイズで知るなんて」といった具合なわけですね。ま、それもまた楽し、ですが。

マンガ家・紗久楽さわさんとの新著刊行記念トークショーまであと11日!
12月4日(金)20:00開演 会場/本屋B&B(世田谷区下北沢)
ご予約はこちらまで

予約受付中の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新417号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)417号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください