個性的な芸能人

「最近の芸能界はどのジャンルも似たようなタイプばかり集まっていて区別がつかない」といった声があります。それは確かにその通りなんですが、そうした「芸能人の無個性化現象」には「見る側の需要範囲が狭まっている」という事情も影響していると思います。要するに、「個性的すぎるタレントが出てきても、視聴者が受け止めきれない」わけですね。

子どもの頃、初めて「風吹ジュン」というヒトを観たとき、あまりの個性・・・というか「規格外ぶり」にぶったまげたもんでした。今ではもう「ベテラン女優」の域に達して違和感も減りましたが、デビュー当時は演技も歌(最初期はアイドル活動もしてました)もパターンには収まりきらず、色んな意味で「異人さん」だったわけです。

たとえば今、かつての風吹ジュン級の規格外品が出てきたとして、果たしてそれを大衆は需要できるでしょうか。難しいんじゃないかな、とボクは思います。「自分とは全然異なる誰か」と出会ったとき、「理解しようと頑張る」タイプより、「拒絶して遠ざける」タイプのほうが世間には多いものですから。だから「無個性で面白くない」とかブツブツ言いながらも「想定の範囲内」の「安心して観ていられるタレント」だけしかいないほうが、世の中は安泰かも知れません。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新417号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)417号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください