公人を甘く見ないように

号泣会見で一躍“時の人”となった野々村竜太郎被告(元兵庫県議)の公判がようやっと行われ、またも世間からため息が上がっています。彼の精神状態の危うさをおもんぱかる人もいますが、そもそも「人並み外れて精神が弱い人間が公人になること」自体が間違いだったのでは? という気がしますね。

選挙に通るためには、当然ながら多くの支援者のサポートが必要です。その人たちに訊きたいんですが、「選挙運動中に分からなかったのかよ?」。選挙運動中というのは「立候補者の地金が最もよく見える期間」です。だから、選挙スタッフには候補者の「長所・短所」が一目瞭然となるんですよ。彼の現在の醜態に通じるダメさ加減に、おそらくは相当数が気づいていたはず。「だったら、『こいつヤベえ』と感じた時点で落選させとけよ」という気になります。

あとは、「公人になることの重責」というのも事前に徹底しとくべきですね。ボクは「公人になった時点で私人とは扱いを根本的に変えるべき」と考えてまして、「公人が罪を犯した場合、執行猶予はつかない。則、実刑。しかも検察求刑の5割増し」でいいと思っています。これならば「金目当てや虚栄心を満たす目的で選挙に出る」ような奴は激減するでしょうし、公人になったらなったで「常に襟を正し続けざるを得ない」状況が生まれるのでは?

トンデモ議員の報道がなされるたびに、「公人をなめんなよ!」と苦々しい思いにかられるのはボクだけではないと思いますぜ。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新418号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)418号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください