戦争法案て

マットウな手順を踏まず、屁理屈で改憲を強行する政権与党のやり方には少なからぬ危機感をおぼえます。解釈ウンヌンで憲法がいじれてしまうようなら、この先どのように方向に進んでしまうのか分からないからね。

とはいえ、「戦争法案」というレッテル貼りで国民間の議論のチャンスを奪ってしまった反政権派にも同じくらいの不信感をおぼえます。与党が出したのは「武装的国家ガード法案」だったんだから、反対派は「非武装的国家ガード案」を出し、「さぁ、あなたならどっちの方法でならず者から日本を守る?」と国民に問うべきだったんです。

やれ右だ、左だと言ったところで、やってることは結局「自分らに都合のいい方向へ世論誘導しようとしているだけ」で、「異論に耳を傾ける寛容さ」なんてありゃしない。それが見えてしまってるから、マットウな有権者がシラけてしまうわけですね。

連発する議員の不祥事がそこに拍車をかけてしまってる感じで、今度の選挙がどうなることか、なんか非常に不安です。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新418号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)418号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください