ソメイヨシノでなくても

桜、と聞くと即「ソメイヨシノ」を連想する人は多いですが、「そこにこだわりすぎても・・・」という気がしてならんのです。皆がソメイヨシノばかりに注目する結果、花見の名所がやたら混んだりする。ボクは早咲きの「河津桜」も結構好きなんですが、あちらはあまり好まれない。

これはつまり「ブランド性の問題」なんですかね? ソメイヨシノはブランド性が高く、河津桜はそうでもないから人気の差が出る、と。う~ん・・・ボクはどっちもキレイだと思うので、ちょっとでも空いてるほうに行きたいなぁ。

「いや、河津桜は早咲きだから、花見をするにはまだ早すぎるのだ。ソメイヨシノが咲く頃にはもうあったかいので、花見がしやすい。べつにブランド力の差とかではない」という反論もあるでしょうが、いやいや花見の季節の気温なんてアテにならんからねぇ~。歯を食いしばって寒さをこらえながらソメイヨシノを見ているヒトとか結構いますよ。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新418号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)418号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください