規制と自主規制

表現の自由度は、そりゃ高いほうが良いに決まってます。ただ、やり方がトチ狂う場合もあって、野放しにしとくとヤバい種類の表現もあるわけです。ただ、それを「規制」するのは間違い・・・というか危険であって、するべきではないと思います。

そこで登場するのが「自主規制」なわけですが、それは多くの場合「規制の隠れ蓑」だったりする。困りますねぇ。真の自主規制とは表現者の「矜持」の産物のはずですが、矜持も良識も良心もない人ばかりだと、やはり絵に描いた餅になってしまう。この状況にハラハラしてる人って、果たしてどれ位いるんだろう???

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新419号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)418号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください