議員定数削減、絶対反対

識者だとか改革派を自称する議員だとかはよく「議員定数を削減すべき」というのを口にしますが、ボクは絶対反対です。議員の数が減るということは、議員一人当たりの権限が増すということで、権力志向が強まるのは必至ですからね。

高額すぎる歳費・報酬の問題を指摘するならば、一人当たりの支給額を減らして、そのぶん議員を増やせばいい。渡す額を半額にすれば議員は倍増するし、1/3にしたら3倍増です。もっと色んな人間が政界に入って、色んな意見がぶつかればいい。まぁ、そんなことを考えてるんですけどね。

竜超の最新刊『オトコに恋するオトコたち』(立東舎)発売中

Amazon見本
Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新419号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)419号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください