我むかつく、ゆえに我あり

仕事をするうえで、誰かにむかつかされることって多いですよね。中でも「創作系」の人はそういう機会が多い。「売れてる」と「売れてない」の差はものすごく大きく、周囲の扱いも天と地ほどの差があるのです。でもまぁ、むかつかされることによって奮起し、すごい作品が生まれることは多い。むかつきのパワーは想像以上にすごいのです。むかつかなければ油断して慢心し、堕落していく。いや、俺の場合はホントにそう。だからもっとむかつかなくては、なんてことも思う。我むかつく、ゆえに我あり。なんじゃそりゃ。

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)8月19日発売

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新419号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)419号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください