一長一短民主主義

民主国家の一国民として「民主主義は素晴らしい」という意見に反対するつもりはありません。しかし同時に「民度の低い国の民主主義は何より怖い」とも思うわけです。「どっかの国に攻め込む」とか「特定の個人/集団を血祭りにあげる」とか、そういった物騒な決定も「民主的になされる」場合があるわけですからね。

民主主義を「平和獲得の手段」にしようと思ったら、まずは国民の意識を一定レベルまで高める必要がある。でないと「なんであんなこと決めちゃったんだろ」と後で悔やむことになりますんで。ところで現在のこの国は、民主主義を有効活用できる状態でしたっけ?

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)8月19日発売

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新419号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)419号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください