何が「分かった」のか?

「○○が△△と真剣交際していることが分かった」というネットニュース文言をよく見ますが、この「分かった」ほど信憑性の低いものはないですね。○○が△△と「真剣交際しています」と公言してから用いるのならいいんですが、大抵の場合はそうじゃない。中には「本当に交際していた」ようなケースもあることはあるけど、全くのガセネタで「気付いたらネタそのものが雲散霧消していた」みたいなことも少なくない。それでも何ら反省もせず、「前に『分かった』と言ったのは間違いでした」という謝罪もナシ。もういいです。「メディアは自らの言動に責任を持たないということが分かった」。

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)発売中!!!

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新420号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)420号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください