ウルトラ警備隊は喫煙フリー

『ウルトラセブン』は1967年の作品ですが、時代設定は近未来(1987年とも2000年とも)です。しかし、作中の「喫煙率」は極めて高く、「人類の約半分はタバコを吸っている」とのセリフもあります。ウルトラ警備隊の本部は禁煙どころか分煙すらも定められておらず、隊員はヘビースモーカーの本能を抑えようともしない。半世紀たった現在の感覚で見ると「え?」てな感じですが、これが放映当時の「フツー」なんですね。

未来物を描く際、制作者たちはイマジネーションを総動員し、それが現実化することもままあります。セブンにおいては腕時計型のテレビ電話「ビデオシーバー」がそれにあたります(アップルウォッチそっくり! との声多数)が、そこまでの空想力を持った面々であっても、まさかタバコが表舞台から締め出されるような日が来ようとは思っていなかったんでしょうね。嗚呼、事実は特撮ドラマより奇なり。

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)発売中!!!

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新420号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)420号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください