ワタクシ、カードは増やしません

アベノミクスのなんのと云うわりに、景気が回復している実感というのは全然ない(それでも政府は「回復した」と云い張ってゴーインに消費税を上げるのだろうケド)。にもかかわらず・・・なのか、それだからこそ・・・なのかは知らないが、買い物をしても、街を歩いていても「クレジットカードを作りませんか」という勧誘がまとわりついてくる。「とりあえず持たしときゃ、いつか使いたくなるだろ」とか思っているんだろう。

「このカードを作ると、今日のお買い物がお安くなります」「このカードを作っておけば、××するたびに特典がつきますヨ」たいていがこんな囁きで消費者をからめ取ろうとしてくるわけだが、僕に云わせれば「たかだかその程度のメリットのために、不要なデメリットを背負わされてたまるかヨ」である。

ネット通販など、どうしてもカードが必要な場面というのがあるので、一枚くらいは持っていたほうがいいだろうが、「それ以上持つ必要なんかは別にあるまい」というのが僕の率直な感想なのだ。所持する枚数に比例して安全保管の手間が増していくし、万一落としたりしたら、カードの枚数分だけ使用停止申告をしなければならないわけで、それを考えるだけでウツになってくるッス。

ということで僕は、新たなクレジットカードを作るつもりはないし、いま持っているポイントカードにクレジット機能を付けることもしない。にもかかわらず、街に出ると最低1回はカードの勧誘がつきまとってくる。嗚呼、イヤだイヤだ。どうしたらあの鬱陶しさから逃れることができるのか、誰かウマい方法を知っていたら教えてくださいマセ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新406号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから