「どれだけ持てるか」から「どこまで持たないか」へ

バブル期の世間では「どれだけのものを持つことができるか」という部分での競争が盛んで、俺も結構ノセられていました。それから30年近く経った今、俺の関心事は「どこまで持たずにいられるか」に移っています。だってね、「どれだけ持てるか競争」というのは「金さえ投下できれば勝てる勝負」ですもん。これはヤリガイがない。それに対して「どこまで持たずにいられるか」のほうはイマジネーションの勝負。「スッキリした身軽な自分をどこまでイメージし、それに向けて動けるか」にかかっているのです。これは楽しいっスよ。てことで現在の俺は、長年の人生のアカをそぎ落とす作業を楽しんでます。

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)発売中!!!

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新420号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)420号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください