料理オンチ媒体

テレビというのは、一言でいうなら「素材の味を活かせない料理人」みたいな媒体だと思うんです。ほとんど素のままでもいいような材料でも妙な味付けをやたらめったらしてしまい、結果、台無しになる。だったら素材(=演者)の側から「変な味付けすんな!」とキツく言ってやればいいんですが、それができる人間が少ない。で、「クソまずい味付けの料理しか出てこない状況」がえんえんと続くわけです。俺はテレビに出る際は「できないこと、やらないこと」を極力言ってるつもりですが、相手には「編集」という技があるからねぇ。言ったことがどの程度使われるかは「運を天に任す」になっちゃうわけです。

竜超の最新刊『町中華とはなんだ』(立東舎)発売中!!!

町中華単行本-帯アリ

Amazonのページはこちら

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新420号発売中
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)420号も販売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら 

「季刊レポ」「ヒビレポ」「レポTV」にも参加中
こちらからご覧ください