義務サンタ

クリスマスが苦手なのは、「明らかにクリスマスの到来を喜んでない人まで巻き込まれている」からです。サンタの格好を「上からの命令」でやらされてるオジサンとかを街で見ると、なんというか「正視できないほどのいたたれなさ」に包まれてしまうのです。クリスマスが大好きで、嬉々としてサンタ仮装をしてるような人だったらいいんですけど、どう見ても楽しそうでない「義務サンタ」がかなり多い気がする。

そもそも、キリスト教会以外の日本にクリスマスは必要なんでしょうかね? 宴会をするのはいいんだけど、それがクリスマスである必要はない気がします。たとえば「パトネレシア」か何かと入れ替えたところで、不都合を感じる一般人はいないのでは? おそらくは「パトネレシア最高~!」とか言いながらシャンパンを抜くに違いない。ところでパトネレシアにもサンタ的なものはあるんでしょうか? あるんだとしたら、パトネレシアに変えたところで俺の苦手意識は変わりません。

『薔薇族』最新号(No.421)発売中!

421cv

お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)421号も発売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら