親のこだわりは

「こだわり」というものを持たない親ではマトモな教育なんかできないだろうとは思うんですが、「こだわりが強すぎる親」ってのも始末に悪いものです。自分の特殊すぎるこだわりを子に押しつけたりする親は、もう最悪。不幸にもそういう親のもとに生まれついてしまった子どもが周囲から浮きまくっている場面を幾度か観たことがありますが、ただただ「カワイソウ」としか言えません。昨今のイジメのうちの何%かは、そういうところに端を発しているのでは? とも思います。こだわりというのは「時間をかけて自分自身で積み上げていくもの」なんで、親はせいぜい「自分のこだわりをチラ見させる」程度に留めといてください。親のカーボンコピーみたいに育てられた子どもなんて、幸せになれる道理がないですわ。

『薔薇族』最新号(No.421)発売中!

421cv

お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)421号も発売中
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら