東京脱出バナー

「愚痴る」という行為は、言ってみれば「心のデトックス(毒出し)」みたいなモンです。
もちろん決してホメられる行為ではありませんが、かといって毒を溜め込む一方では心身ともに衰弱する一方で、いずれ潰れてしまいます。
だからまぁ、「必要悪」の範疇、ということになるのでしょうかね。
ただし、やたらめったら「愚痴りまくる」ような状況に居続けることは、「無理をして愚痴るのを我慢する」のと同じくらいによろしくない。
出す量以上に湧いてくる量がスゴイ、みたいな状況では、もはや心のデトックスも用をなしていません。

どんなものであれ、本気で極めようとした時に「楽チン」ということはあり得ないと思います。
何だって「それなりにシンドイ」でしょう。
ただ、それが「本当にしたいこと」であれば、たとえ「シンドイなぁ」と思うことはあっても愚痴ったりはしないと思います。
極端な話、シンドさもまた「充実感を担保するモノのひとつ」になり得るのです。
逆を言えば、たとえ楽チンなことをしていても、乗り気でない場合には愚痴が出てきますよ。
えぇ、俺はそうでした。

愚痴というものは「戦線離脱を勧告するサイレン」みたいなものではないかと思います。
「よくよく考えてみたら、俺、ここンとこ愚痴しか言ってねぇや」みたいな方がおられましたら、要注意!
心の表層部のアナタは「大丈夫」と言ってても、深層部分のアナタは「早く脱走しようや! 身がもたんで」と呼びかけてるのかもしれません。

だからまぁ、もしもあなたが愚痴ばかり延々と出てくるような状況に置かれているのだとしたら、なるべく早目に改善に努めてください。
愚痴ってばかりでは、いつかは周囲の人間たちに去られますよ。
中でもSNSで愚痴ってる方!
いっぺんも会ったことがない奴から「こいつウゼぇ」とか思われるのは「告白してないのにフラれる」みたいな感じでムカつくことだから、早いとこどうにかしましょう。

モノクロ423見本表紙

『薔薇族』最新号(No.423)2017年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)423号も2017年4月21日発売!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら