東京脱出バナー

世の中で「当たり前」と言われ続け、そこに誰も疑問を抱かない状態になっている物が色々とあります。
しかし最近、その流れにもブレーキがかかりつつある気が・・・。
つまり、良くも悪くも「当たり前」は社会から消えたのだという感じです。

たとえば「結婚」。
かつては「適齢期」とされるものが絶対視されていて、その年代に達しても結婚しない者は「おかしい」と言われました。
しかし現在、日本人の「生涯未婚率」はどんどん上がっていて、いまや「おかしい」とか言うヤツのほうが「おかしい」と言われかねない。
これはまぁ「当たり前崩壊」の功の部分と言えるでしょう。
「オマエはおかしい」と言われていた人の中には、大いに救われた者がいたと思います。

他方、「罪」の部分もあります。
かつては国民間で共有されていた「平均的マナー」というのがかなりの部分死んでしまい、Aさんの常識とBさんの常識とではマカロンと消防車くらいも違っていたりする。
これでは危なっかしくてオチオチ道も歩けません。
だからまぁ、道を歩く時には「社会常識」とやらを頼りにするのではなく、自分の五感を研ぎ澄ましていくのが無難でしょう。

「当たり前」がお亡くなりになった現代は、我々が「当たり前」の呪縛から解き放たれた時代でもあります。
この現実を逆風と見るか順風と見るかは人それぞれ。
あ、もちろん俺は順風と見ますよ。
俺のやりたいことは、かなりの部分で「従来の常識の枠外」ですから。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.424)2017年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)424号も2017年7月21日発売!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら