東京脱出バナー

賃貸物件から賃貸物件に移る際、家賃支払いの重複が生じることってままありますよね。
そのリスクをできる限り減らそうとすると、「前の部屋を引き払う日」と「次の部屋の家賃発生日」を極力近づける必要が生じます。
ただ、ここをあまりにタイトにしすぎると、ちょっとしたアクシデントに対応できなくなったりする。
運転で言うところの「ハンドルの遊びがない状態」になるわけですね。

「大丈夫! 自分はそんなところでミスったりはしない」と豪語する人もいるでしょうが、俺はそーゆーのは避けたいタチなんですね~。
こういう場合は「ちょっとぐらい損してもイイや」と自分に言い聞かせ、あえて「安全の担保されてるドライブ」を選択します。
ちょっとキザな言い方ですが、「金で済む問題はたいした問題じゃない」わけですから。
いや、「100万円ちがってくる」とかいう話だったらさすがに考えますけどね。

「ちょっとぐらい損してもイイや」と思えること、これが「心のゆとり」なんだと思います。
何かそれなりに大きなことをしようとした場合、心のゆとりの有無は重要な問題。
ゆとりのない状態ではすぐにテンパってしまうから、「強がり上等!」みたいな感覚で気分を高めていかないとダメなわけです。

・・・以上のことを今、転居の準備をチョコチョコ進めながら考えてます。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.424)2017年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)424号も2017年7月21日発売!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら