東京脱出バナー

人間、生きてれば様々なつまずきを繰り返すものです。
誰かに嫌われた、何かを失くした、大きな損をした、大事なことを忘れた・・・etc.
他人から見れば些細なことでも、当人にとってはこの世の終わりに匹敵するほどの一大事だったりします。
そういう思いを今されてる方がもしもいらしたら、心よりお悔み申し上げます。

しかし、人が人としての真価を問われるのは、そういう思いをした後なのです。
もう済んでしまったこと、どうやっても取り返しのつかないことをいつまでも悔やみ、責任の所在を誰かに求め続けて生きる人がたまにいますが、それはあまりにシンドすぎる。
自分自身もシンドイでしょうが、そういうところを見せ付けられる周囲も負けないくらいシンドイのです。
その種の人は、一般に「メンドクサイ奴」と言われて敬遠されがちになります。
そういう状態に今なっている方がもしもいらしたら、心よりお悔み申し上げます。

そうなってしまいがちな方にオススメなのが、「プチ悟り」です。
ちょっとしたトラブルにおちいるたびに、それにクヨクヨしたがる心を和らげるための「ちっちゃな説得」を自分自身にする。
結果、クヨクヨがおさまったら、それは「プチ悟りが開けた」ということになります。
大きな悟りはネ、そりゃワタイらみたいな凡夫には無理な芸当ですワ。
しかし、米粒くらいのプチ悟りなら、煩悩まみれの俗人にもできないことはない。

俺もですネ、これまでソレナリの痛い目には遭ってきました。
けれども今ソコソコ穏やかな精神状態でいられるのは、このプチ悟りを繰り返してきたからなんです。
何かがあって「あ~、俺はもうダメだァ~~ッッ」と落ち込んだとしても、布団の中でアレコレ思いを巡らし、翌朝には「ま、どうにかなるだろ」という状態にまで回復する。
これがいつものパターンです。

そこにはまァ、「悔やむことと解決することとは別次元の問題。ウジウジしてる暇があったら、どっかに行って打開策を探すほうがヨロシイ」という持論があるからなんですがネ。
プチ悟り、ダマされたと思っていっぺんチャレンジしてみてくださいませ。

425表紙モノクロ

『薔薇族』最新号(No.425)2017年10月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)425号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら