東京脱出バナー

「最近の日本人は変わってらァ。病んでもないのに癒されたがってる」
このようなことを言った人がいましたが、果たしていつから「癒し」という言葉がこれほど普及・浸透したんでしたっけ?
観光広告とかでは当たり前のように「癒しの宿」みたいなフレーズを使ってますが、それって要するに「湯治旅館」のことじゃね?
病み上がりの人とかが長逗留し、自炊とかしながらジックリと温泉治療をするところ。

みんながいま「癒し」と呼んでいるのは、正しくは「和み」でしょう。
これなら話はわかります。
俺だって和みたいし、道端でカワイイ犬猫とかを発見しては和んでいます。
でも、「癒されたい」とかは全然思わないスよ。
だって俺、べつに病んでないですから。

「癒し」という言葉に過度に反応する人は、自分でも気づかぬ間にヤバい状況に陥っている可能性も?
仕事から帰るなりベッドにダイブして「あ~~、癒された~~いッ」とか言ってるアナタは、一度しかるべき機関で診察していただいたらよろしいかもヨ。

425表紙モノクロ

『薔薇族』最新号(No.425)2017年10月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)425号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら