東京脱出バナー

ゼータクな生活スタイルを下方修正することを「ダウンシフト」というそうです。
最近は「ゼータクを維持するために稼ぎ続けることへのプレッシャー」に耐えかねて、この路線に進む人が増えているのだとか。
日本では長いこと「いっぺんゼータクに慣れてしまったら、もはやそれ以前の暮らしには戻れない」という言説がまかり通ってきましたが、それが必ずしも正しいことではないことが証明された感じです。

というか、日本人は戦前、けっこう物資に恵まれた暮しをしていたのに、戦局悪化にともなってどんどん生活が貧相になっていき、しまいには残飯以下のものを食ったりしてましたよネ?
「いっぺんゼータクに慣れてしまったら、もはやそれ以前の暮らしには戻れない」というのが本当なら、そんな状況には耐えられないはずです。
つまり、「人間は必要にかられれば、いくらでも変われる」ってこと。

戦時中のダウンシフトは「国から強制されたもの」なので真似するのはゴメンこうむりますが、みずから主導権を握って自主的に行なうものだったらどんどんやっていこうと思います。
もちろん、「ゼータクをしないと死ぬ!」と言った方の場合は更なるアップシフトを続けてくださって構わないのですが、俺の場合は全くの逆。
「金持ちになる代わりにフラフラする時間がとれなくなるくらいなら、ビンボーでいいからフラフラしていたい」ということを子どもの頃から貫いてきましたので。

今の俺は「フラフラできるだけの時間的余裕」の結晶なのであります!

低解像度426モノクロ表紙

『薔薇族』最新号(No.426)2018年1月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)426号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら