東京脱出バナー

東京への人口一極集中の緩和に向けて「23区内の大学の定員増は認めるべきでない」といった声も出ているようですが、どうもあまりスムーズには進んでいない様子。
まぁ、今後たとえ都心の大学が規模縮小しようとも、「東京へ行くこと」が人生の大命題となっている子たちというのはどんな手を使っても上京するだろうから、あまり功を奏す気がしません。

個人的には、「大学」よりも「企業」を都外に置いたほうが効果的だと思います。
会社が動けば社員も動かざるを得なくなりますので。
会社が郊外へ移動、社員も郊外へ転居、これで都心部はだいぶスッキリするでしょう。
混雑は緩和されるし、郊外から都心への通勤ラッシュも大幅に減る。

問題は、「企業をどうやって都心から引きはがすか」ですが、たとえば「皇居を都心の基準ポイントとし、そこから10km離れるごとに法人税を安くする」みたいな法律を作るとかネ。
あとはメディアが「郊外に住んで郊外で働く、これがベストなワーキングスタイル」みたいなことをこぞって喧伝していけば、ノセられる人間は多そう(日本人はそういう人種ですから)。

ちなみに減らした分の法人税の帳尻ですが「都心に居座る企業を増税して補てんする」というのはいかが?
いや、このくらいムチャをしないと企業は重い腰を上げないでしょうから。

低解像度426モノクロ表紙

『薔薇族』最新号(No.426)2018年1月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)426号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら