東京脱出バナー

あたりまえの話ですが、たいていの人間は「楽」に生きたいと願うものです。
どういうのが「楽」なのかといえば、やはり「自分らしく振る舞うこと」でしょうか。

しかし、本来は素晴らしいことであるはずの「自分らしく振る舞うこと」が、社会の害毒になってしまっているケースもあります。
それは端的にいえば「愚連隊の自己解放」で、「自然体」というより「野放図」といったほうが正確。
民度も社会性もない輩が自分らしく振る舞ったら、そりゃ周囲は大迷惑です。

ユーミン先生のコトバに「ナチュラルと草ボーボーは違う」というのがありますが、まさに至言。
愚連隊の自己解放みたいなのは「楽」ではなくて「落」といったほうが適格です。
人として立つべき場所から「落ちて」しまった者はもはや人間ではないわけですから、思い当たる方は今からでも遅くないので改めましょう。

低解像度426モノクロ表紙

『薔薇族』最新号(No.426)2018年1月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)426号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら